ドアノブ修理の基本的な利用手順をチェックする

ドアノブ修理を利用する流れとは~まずはお問い合わせをする~

早めの交換&修理が大事です

玄関ドアや室内ドアなど建物には欠かせないドアですが、経年劣化によりドアノブが破損してしまう恐れがあります。急にトラブルが発生して慌てないためにも、事前にドアノブ修理や交換などを依頼するようにしましょう。

ドアノブ修理でよくみかけるQ&A

ドアノブの異変などはどのようなものがありますか?

基本的にドアノブ自体ががたついてきている、回す時に変な音が聞こえる、錆びついているなどの症状が見られるようになったらドアノブ修理や交換を推奨します。完璧に破損する前に対応をしておきましょう。

ドアノブ修理を依頼するタイミングはありますか?

ドアノブの耐用年数は一般的に10年と言われています。そのため、同じドアノブを10年くらい使用している場合はドアノブ修理を検討した方が良いでしょう。また、使用頻度が高いドアの場合は耐用年数よりも早く破損する恐れがあります。

自分でドアノブ修理は出来ますか?

はい、ドアノブ修理に関しては道具があれば自分でも行なうことが出来ます。なお、ドアノブ修理ではドアノブの長さや厚みなど正確に測る必要があるので非常に大変です。そのため、専門業者に依頼した方が早いと言えるでしょう。

ドアノブ修理の基本的な利用手順をチェックする

手

お問い合わせをする

ドアノブが壊れてしまった&壊れそうになった場合は、ドアノブ修理業者に依頼するようにしましょう。まずは電話かインターネット申し込みを利用してお問い合わせを実施することです。24時間365日受付対応している業者もあるので要チェックですよ。

現地調査&見積もり依頼

依頼のお問い合わせをすることが出来たら、すぐに作業員が現地調査をしてくれます。ここでトラブルの状況などを詳しく調べていき、実際にかかる料金など見積もりを出してくれるでしょう。見積もりに納得することが出来たら作業開始となります。

ドアノブ修理開始

見積もりの際に提案したプランや方法でドアノブ修理を開始します。施工は確かな技術と知識を持っている作業員に任せてください。迅速に解決してくれるでしょう。

支払いをして終了

無事にドアノブ修理が終了したら、お客様に現場を確認しながら作業の説明などをしていきます。そして最後に料金の支払いをしたらドアノブ修理が終了となります。もし、修理後に不具合などが発生した場合は早急に連絡をするようにしましょう。

広告募集中